FC2ブログ

moratorium -世界一周行ってきま~す-

「いつやるの?今でしょ!」的にはじまった世界一周のブログです。

2013-12-21-Sat-02:19

11/18,19 アグラが遠い・・・


こんばんは!本日二つ目。

ハンガリーと日本の時差は8時間なので

今はまだ17:30!

日本が朝になるころに眠りにきます。

不思議な感覚。面白いですね笑











さて、昨日列車に乗り過ごして

朝まで待つパターンに入ったわけですが

ここで、眠らなければだめだと考えた私は

駅の構内で眠ることにしました。

もちろんほかのインド人も眠ってます笑

そしたら、寝てすぐに警察みたいなのが来て

立ち退き要求されました笑





てことで、今回眠ってません・・・

しんどい。そして、これがまたあだになります。







時間がたち、ようやく出発できます。

しかし、アグラは終点じゃないので

またもや自分で確認しなければならない状況。

けれど、乗れた安堵感と疲れで僕の集中は途切れてました。





出発から3時間。

そろそろ着くころだと思った僕は

ときどき駅名を気にしていたんですが

昨日寝てない代償がここであらわれます。

はい、また寝過ごしました泣

ぱっと起きたら、もう終わってました。

周りの乗客に尋ねるとアグラはもう過ぎたよと。





衝撃でしたね。

昨日乗り遅れるわ、今日降り過ごすわで。

まあ、次の駅で反対方面の列車に乗ればいいと考えた私ですが

親切なインド人が一言。



次の駅は3時間後だよ。






またもや衝撃。最悪。













そこに着くまでどれだけ不安だったか。

今日中に引き返せるはずだと、どれだけ自分に言い聞かせたか。






結論から言うと

この日にはアグラに着きませんでした泣

アグラ行きの列車がある駅に着いたのが19時。

アグラに行くには夜行に乗らなければならず・・・

アグラ着は19日に引き伸ばされました汗

CIMG3622_R.jpg










そして、夜行に乗って朝まで耐える態勢に入ろうとしたんですが

初めての満員列車!

ギュウギュウで座れもしません。

今日も一睡もできずにこのまま過ごすのか、

と半ばあきらめて状況に対応しようとしました。

周りのインド人もおもしろいし笑











しかし、それは起こりました。

駅に停まったかと思うと

突然銃を持った男が入ってきました!

いったいなんだとびっくりしましたが

一応警察のよう。

彼が言うには、

ここは女性専用車両、違う車両に移れ。










まったくすごくあせりました。

なんせ突然下ろされて、違う車両に移れって。

違う車両も満員なのに。



車両の入り口で入ろうともがく追い出された組。

入れまいとする車両の乗客。

そこには混沌が存在しました。

入り口も開けてくれないんです!












このままではやばい!

と思った僕は予約がないと乗れないsleeper車両に駆け込みました。

この時も入り口を開けてくれないところが多かったんですが

ようやく開けてくれて安堵。




したのもつかの間。

さっきの警察が追いかけてきました。

お前はジェネラルクラスやろ!と。

まあ、ここで従ったらめんどいことになる、せっかく乗れたんやし

という気持ちから僕は必殺技を使いました。





えっ、何言ってんの?

英語わからんのだけども。









秘技、英語少しも理解できません!





これによって警察の魔の手を回避できた僕でしたが

彼らは最後にこう言い残して行きました。




追加料金払えや。






まるで死刑宣告!

いつ徴収に来るのか?いくら払えばいいのか?

不安な時間を過ごしていると




警察登場!切符拝見!お前ジェネラルクラスやないかい!




さっきの警察とは違う方でした。

彼は僕について来るように指示。

あー、どうなるんや。











そして、着いたのは車掌さんのところ。

つまり、これから車掌が席探してくるから

お前はここで待っていて追加料金払え。ってこと。

車掌さん、起こしてすいません。





車掌さんが消えてから何分たってだろうか。

帰ってきた車掌さん。

いったいいくら請求される!?







・・・







車掌さん寝ちゃいました。

意味がわからずボーっとしていたら

アグラ着いちゃいました。

CIMG3626_R.jpg






俺の不安を返せ!笑


まあ、ギュウギュウなジェネラルクラスでなく

快適なところで過ごせたのはうれしい。




一睡もしてないが!















ここから、まずは宿に行こうと。

トゥクトゥクのおっちゃんに尋ねると

安宿街のあるタージマハル付近までRs100。

高い。そう思った僕は歩いて行くことに。

3キロほど、余裕や、いつもの僕なら。



さすがに二夜連続、一睡もしてないのはきつい。

で、通りがかりのトゥクトゥクの客引きがうざい!笑

試しにRs50(約80円)なら乗る、と言ってみたら

交渉成立、言ってみるものです。








朝早いので寒い。着いたらすぐにチャイ飲みました。

CIMG3627_R.jpg

心があったまる、癒される。いっぱいRs7(約11円)。





そして、日本人御用達のシャージャハーンに無事泊まることができました。

一泊Rs250(約400円)。

屋上からはタージマハルがちら見え。

CIMG3629_R.jpg





明日、朝早くにお前を見てやる!

と思いながら、眠りについた僕でした。

19日はほんとなんもしてません。寝ました笑

明日のタージマハルが楽しみだぁ~~~~~~~~!








ほんなら。








スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
総閲覧者数:
現在の閲覧者数: