FC2ブログ

moratorium -世界一周行ってきま~す-

「いつやるの?今でしょ!」的にはじまった世界一周のブログです。

2013-12-03-Tue-07:02

11/8 三つの寺院







マラハバ!(こんにちは)

トルコ満喫しております。

怖いくらい順調に来て

カッパドキア、ギョレメに宿泊中。

明日はツアーかレンタバイクかレンタサイクルか

迷いちゅう。















さて、昨日クンバコーナムに着いたわけで

今日は朝から世界遺産「大チョーラ朝の寺院群」

3つの寺院を制覇しちゃいます。













まずはガンガイコンダチョーラプラムというとこに行きます。

クンバコーナムのバススタンドからバスが出てるということなので

さっそくバススタンドへ。

着いたんですが度のバスに乗るべきなのかわかりません。

多くがタミール語で書かれているため

情報が何一つ得られない笑

まあ、こういうときはバスの車掌さんに聞くのが一番!














ガンガイコンダチョーラプラムに行きたいんやけど?

このバスだ!













あのー、このバスはガンガイ(以下略)に行きますよね?

いいや行かない。あっちで聞いてみろ。












ガンガ(以下略)に行くバスは?

あっちの側のバススタンドや!















ガン(以下略)はこっちのバススタンドでいいんやよね?

いいや違う。こいつについていけ!








てきなことを繰り返してやっとバス乗れました。

インド人適当すぎですよ笑

てか、バスの車掌やのに知らなさすぎ笑

バス出発しても本当に行けるのか心配でした笑






でも、乗っていたらちゃんと降りるところ教えてくれました。

Rs30(約46円)。

てか、バス乗ってたらこういうのが見えてきます。

CIMG3058_R.jpg

遠くから見えた時はめっちゃ興奮しましたよ。

11世紀ごろに建てられた寺院で、こんな田舎に突然現れたことに驚きです。

CIMG3089_R.jpg

ガンガイ(以下略)は「ガンジスを征服したチョーラ朝の都」という意味で

こんな田舎といっても、都が置かれていたこともあったんですね。

ちなみにこの寺院、プリハディーシュワラ寺院と言います。


CIMG3060_R.jpg


CIMG3062_R.jpg

すごく巨大なナンディー像。



CIMG3070_R.jpg

中には巨大なリンガがおさめられています。

(近くまで行くのはイモリました笑)



CIMG3063_R.jpg

CIMG3065_R.jpg

CIMG3069_R.jpg

CIMG3076_R.jpg

CIMG3077_R.jpg

ガネーシャもいました。


CIMG3082_R.jpg

タミル語かな?


CIMG3085_R.jpg





ほんと巨大!一個目から感動しました。

観光客もぜんぜんいないし、とても静かなところです。



んでここで初チャイをいただきました。

Rs6(約10円)。

CIMG3094_R.jpg


感想は・・・甘い!

とにかく甘い笑

インド人は甘党なんですね。












帰りは降りたバス停でバスを待っていたんですが

クンバコーナムに直接戻るバスがない!って言われて

(いやっ、あるやろっ!?)

ハナガライブリッジというところ(Rs5)で乗り換えます。

ここで降りても一体どうしたらいいかわからなかったんですが

親切なお兄さんが


僕についておいで!


って、案内してくれました。

CIMG3097_R.jpg


バスを降りたら、2本ある橋を渡り違うバス停に行かなければならないらしく

タクシーみたいなのに乗りました。一人Rs10(約16円)。

んで、バス停のようでバス停に見えないところで

クンバコーナム行きのバスに乗れました。(Rs11)。

お兄さんありがとう!







んで、クンバコーナムまでの道のりで

このおっさんと出会いました。

CIMG3098_R.jpg

写真撮らしてもらう時に、わざわざサングラス掛けました笑



おっさん、英語を教えているらしく僕に気さくに話しかけてくるんですが

全然理解できません笑 それでも話しかけてきて

英語はコミュニケーションとるのに大事な言語。話せないとあかんで!

的なことを言ってきました。確かにそうです汗

面白いやっちゃな笑 的なことも言ってきました。

そんな面白いこと言ってないねんけど笑

まあ、バスの中では楽しく過ごせました。















では、お次はタンジャヴールに向かいます。

ここには最初に世界遺産に登録された

ブリハディーシュワラ寺院があります。



んっ、さっきの寺院とおんなじなまえじゃね?

気付いたあなた。正解です。

なんとガンガイ(以下略)の寺院とおんなじ名前なのです。

まあ、名前をぱくったのはガンガイ(以下略)の方なんですが。

タンジャヴールの方はガンガイ(以下略)の方を建てた王の父王が建てたそうで

そのためにタンジャヴールの方が大きいそうです。

父親を尊敬していたんですね。











で、クンバコーナムからタンジャヴールのまでは鉄道移動。

たったのRs30(約46円)です。

写真は撮れなかったんですが

列車の中から一瞬垣間見ることができます。

その巨大さがもうわかってしまいました。







CIMG3099_R.jpg


駅に着いて寺院の方へ歩いて行くと

CIMG3106_R.jpg


見えたっ!





























いやー、中に入るまでに二つの門があるとは立派ですなあ。

CIMG3110_R.jpg


CIMG3112_R.jpg


で、入ろうとしたらこの看板。

CIMG3154_R.jpg


入場料はかからないんですが、荷物は預けないと行けないようで

Rs10(約16円)とられました。

CIMG3153_R.jpg


ちなみに靴も預けないと行けないんですが

それにRs1とるということなんで

かばんの中に入れて回避いたしました笑

















CIMG3120_R.jpg

CIMG3126_R.jpg

やっぱ似てますねー。


CIMG3116_R.jpg

ここにも巨大なナンディー。





周りは回廊になっており

たくさんのリンガや壁画などがありました。

CIMG3130_R.jpg

CIMG3131_R.jpg

CIMG3134_R.jpg

CIMG3136_R.jpg






CIMG3141_R.jpg

なぜか写りこんできた青年笑










いやー大きかった!

でも、ガンガイ(以下略)ほどの感動は得られませんでした。

観光客も多かったし、装飾もガンガイ(以下略)の方が上だったように思います。






どちらにせよ、2つ制覇いたしました!

最後の1つはダーラスラムという町にあります。

ここからバスで行けるようです。

ここではたらいまわしにされずに一発で乗れました笑

Rs20(約31円)。






着いたらもう真っ暗になりかけ!

急ぎ足で寺院向かいます。

寺院の名前はアイラーヴァテシュワラ寺院。

ダーラスラムのバス停から5分くらいで着いちゃいます。



入口には水たまりがありました。なんでこんなたまってるんや?





靴を脱いで

CIMG3158_R.jpg

門をくぐり


CIMG3161_R.jpg

真正面。


CIMG3162_R.jpg

横から。

CIMG3164_R.jpg







CIMG3168_R.jpg

中ではバラモンがなんやら説明してくれました。

まあ当然チップ狙いなんやろうけど。

で、思ってた通りチップ、お布施を要求してきたので

Rs2だけ払う。はい、僕はケチですよ笑










んで、帰ろうとしたら唯一の出口の門で

さっきのバラモンが待機していて

チケット代Rs10払えと言ってきます。

もちろんタダなので無視!笑

そいういったことを寺院関係者がしたらあかんやろ・・・


CIMG3171_R.jpg
















かなり駆け足で回りましたが

充実した一日になったと思います。







最後にホテルの従業員とのツーショット。


CIMG3178_R.jpg

彼はRaj。僕のこと兄弟やいうてくれて、指輪くれました。

なんでこんなことしてくれるのか分かりませんでしたが

指輪はありがたく頂きました。











今日もたくさんのインド人が僕を助けてくれました。

けど、南部の人はタミル語を話すんですよね。

ヒンドゥー語ではなくて。

北部はアーリア人によって栄え

南部に追いやられたドラヴィダ人は

チョーラ朝下で生きていたようです。

やっぱり北と南は違うんやろうか?


ひっくるめてインド人と称するのは失礼な気がしてきたわ・・・

難しいな、歴史って。











明日はどこに行きましょうか?

今日はこの辺で。

ほな!






スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
総閲覧者数:
現在の閲覧者数: